MENU

蔵・子ども図書館プロジェクト 

淡路島から子どもの孤立をなくす

YORISOI米田家の蔵を改修して子ども図書館を作ります

クラウドファンディングは終了しました。

クラウドファンディングへのご支援ありがとうございました。目標額に達せず、継続して、寄付をお願いしています。 よろしくお願いします 。

子ども図書館開設と「みんなでいっしょにごはん」再開へ向けて

地域が地域を支えるしくみを 支援のお願い

 当「YORISOI米田家」を運営しますNPO法人兵庫SPO支援センターは、少子高齢化が進む地域において、多世代の人たちが支え合うしくみをつくり、子どもの孤立をなくし、地域が地域を支える新たなコミュニティづくりに挑戦しています。

 淡路島に子どもたちの明るい未来を創るべく、第3の居場所として「みんなでいっしょにごはん」(子ども食堂)及び「蔵の子ども図書館」開設に向けて、行政等の支援を受けることなく、民間の立場で推進、実施してまいりました。

 このたびは、多方面の行政機関が尽力しているにもかかわらず、子どもや若者が孤立し、最悪な場合は死に至っている現実を受けとめ、「この現実をなんとかしたい」との思いから、地域で子どもをそっと支えていく第3の居場所として、「蔵の子ども図書館プロジェクト」を立ち上げ、京都工芸繊維大学大学院の学生と共に蔵の改修に取り組んでいます。

 この実現のためには、資金と本、オープンしてからの運営に携わっていただけるボランティアが必要です。そのために、約2ヶ月にわたり、クラウドファンディング上で支援を呼びかけました。その間、11名の方にご支援をいただきました。心より感謝申し上げます。

 しかし、目標額の20分の1にも満たず、継続して支援及び寄付をお願いするものです。

 「みんなでいっしょにごはん」の再開につきましても、蔵の図書館に併設するかたちで、キッチンの設置が必要な状況です。

 当法人として、地域で起きている課題を自分事として、先導的に取り組んでいますが、最終的には、地域の皆さんのご支援がなければ、継続できません。

 さらなるご支援を心よりお願いいたします。

蔵・子ども図書館プロジェクト 関連イベント

  • 終了しました【8月18日開催】『蔵に子ども図書館を』プロジェクト特別企画「地域で子どもを支える仕組みを考える」
  • 終了しました【8月25日開催】左官名人植田俊彦氏との「蔵」壁塗り体験

定期イベント

みんなでいっしょにごはん

  • 毎月第2・第4金曜日 17時~19時
  • 蔵改修中につき、お休みしております。

淡路島まちかどマルシェ

  • 毎月第2・第4土曜日 10時30分~15時

営業時間のおしらせ

2階レンタルスペース

  • 営業時間のご案内・・・10時~21時
  • 営業日のご案内・・・随時(事前御予約ください。)
  • 1200円/1時間。ご利用は電話で事前予約してください。

起業・運営相談

  • 生きがいしごとサポートセンター播磨東でご予約ください。電話:078-915-0075

洲本移住相談窓口

飲食スペース(1階)

米田家食堂(平成30年11月オープン)

営業時間のご案内・・・11時30分~14時
営業日のご案内・・・火~金曜日
電話:0799-24-0081
FAX:0799-24-0082

米田家食堂は「一般社団法人洲本福祉朋和会」が運営する「就労継続支援B型」の福祉事業所となっています。みなさまの、ご支援・ご協力をお願いします。

YORISOI米田家プロモーションビデオ(6分)

YORISOI米田家 フェイスブックページ

米田家マーケット 初開催!たくさんのご来場ありがとうございました。次回開催に向けて準備中。

♪♪古民家一棟まるごとマーケット♪♪

第古民家を一棟まるごとマーケットに仕立てた第1回の「米田家マーケット」を1月12日、にぎやかに開催しました。
あいにくの雨模様でしたが、そこは屋内マーケットの良さで、中は暖かで、約80人が来場しました。
第2回目の開催に向けて準備中です。 お楽しみに。

1/12開催分の出店者の情報はこちらです
(https://yonedaya.org/market-20190112)

information

  • 「YORISOI米田家」は平成30年4月27日(金)にオープンしました
  • 2階コワーキングスペースは、11月から、レンタルスペースに変更しました。

YORISOI米田家は

地域の暮らしの中にありながら

  • 地域のセーフティーネットの場所として。
  • 地域、島内外の交流拠点として。
  • コミュニティ・ビジネスの場として。

ありたいと考えています。

米田邸のブランド化

  • シビックプライド(civic pride)の醸成
  • 地域ブランドと米田邸を結びつける
Scroll Up