NPO法人淡路島SPO支援センター

淡路島において社会的な事業を行う個人や団体をサポートする中間支援NPOとして、2017年4月に設立しました。
起業・運営支援、コーディネート、事務支援、セミナー開催等を実施しています。
人口減少が進む各地域にあって、幸せに暮らし続ける地域のかたちを市民と共に創っています。

活動拠点

コモード商店街のプラチナプラザを拠点としていましたが、YORISOI米田家の完成により、活動拠点を移し、事務所や人も常駐します。

NPO法人淡路島SPO支援センター
https://awaji-spo.or.jp/

NPO法人淡路島SPO支援センターの想い

共助共生社会実現への中間支援

SPO= Social Purpose Organization 社会的組織
(ミッション) 共生社会実現のために、市民力を高め、人をつなぐ社会的な事業をサポートします。
市民力=エンパワーメント
(ビジョン)  共助・共生社会の実現
共助・共生社会 =ソーシャルインクルージョン(社会的包容力)がある社会
① 貧困のない地域
② どんな人も見捨てない地域
③ すべての人に役割がある地域
(大切にしていること) 私たちに関わる人や団体は、共に社会課題解決に挑戦するパートナーです。

地域をつなぐ底流の組織

地域の底流にあって、地域をつなぎ、アクションを起こす中間支援団体

NPO法人淡路島SPO支援センター 李代表のメッセージ

高齢化が進む淡路市に置いて、従来の行政中心の取組みだけでは、多様化・複雑化する地域課題の対応に限界がきます。
地域に住む人たちが、地域の課題を認識し、共有し、地域の特性に応じた取り組みを始めなければなりません。
支援する側、支援される側といった一方的な関係や他者への依存ではなく、お互いに支え合い、多様な主体が有機的に結びつき、共に課題解決していくという共助のまちづくりが不可欠と考えています。

そして地域住民一人一人が、共助社会づくりの当事者であるという意識を共有し、共に暮らしやすい淡路をつくる参加者として、力を合わせていきたいと思います。
住民の誰でもが、支援する側にも、支援される側にもなれます。